2008年7月11日金曜日

国民1人当たりのGDP、シンガポールが日本を抜く

国際通貨基金(IMF)の調査によると、2007年の国民1人当たりのGDP(国内総生産)で、シンガポールが日本を抜いたそうです。

シンガポール:3万5000ドル超え
日本:約3万4300ドル

シンガポールと言えば、海外の企業がたくさん乗り込んでいる国というイメージがあります。

法人税18%、所得税の最高税率20%、相続税なしという企業やお金持ちからしたら、この国の国民になりたいと思えるような税制環境です。

こんなシンガポールのような国には、海外から多くのお金が集まってきます。

お金だけでなく、人材も集まりますね。

日本は今後、少子高齢化が進み、人口は徐々に減ってきます。

つまり、内需はあまり期待できない状態です。

そこで、海外から金・人材を運んでくる必要性があります。

移民政策をとる話も進んでいるようですが、早急な対応が必要だと思われます。


参考サイト
アジアのGDPトップの座を明け渡した日本、「貸席経済」を学べ!

IMF(国際通貨基金)とは

タックスヘイブンとは