2009年8月18日火曜日

不景気になるとマルクスの「資本論」が人気に

最近、カール・マルクス(1818〜1883年)が書いた「資本論」が人気のようですね。

読売新聞によると、書店に資本論関係の書籍がずらりと並んでいるそうです。

そういえば、うちの近所の本屋にも並んでいました。

景気が上向くと「資本論」は売れなくなるそうなので、景気が悪くなると「資本論」を読んでこれからの時代を生き抜くヒントを得ようとする人が多いんでしょうね。

マルクスの資本論で気軽に読めて人気なのがこの本です。

資本論 (まんがで読破)
資本論 (まんがで読破)

続・資本論 (まんがで読破)
続・資本論 (まんがで読破)

私も読みましたが、1冊1時間で読めます。

漫画で分かりやすいので、難関と言われている資本論のはじめの一歩にはいいかもしれません。

また、元NHKキャスターの池上彰も高校生に向けた資本論に関する本を書いています。

池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」
池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


元ライブドア社長のホリエモンこと堀江貴文さんも資本論人気に便乗してか、こんなタイトルの本を出しています。

新・資本論 僕はお金の正体がわかった (宝島社新書)
新・資本論 僕はお金の正体がわかった (宝島社新書)

私も資本論をもっと勉強したいとは思いますが、なかなか本を読む時間がとれなくてちょっと悲しい昨今ですね。。





TSUTAYA(ツタヤ)店舗検索・店舗情報

2009年8月12日水曜日

米ディズニー、7泊宿泊予定なら3泊分を無料に

アメリカでは景気の先行きを占う夏商戦が本格化してきているようです。

今のアメリカの消費者は財布の紐が固いです。

その固い財布の紐をほどこうと値引き商戦に入っています。

たとえば、ウォルト・ディズニーでは来場者の落ち込みを防ごうと、フロリダ州のテーマパークの食泊料金を大幅値下げ。

7泊宿泊予定なら、3泊分を無料にするそうです。

これはすごいですね。5泊するなら7泊しちゃいそうです。

でも、滞在時間が伸びれば、レストランやお土産による収益も増えますからね。

宿泊代を無料にしても、他の部分で元が取れるのでしょう。





TSUTAYA(ツタヤ)4枚1000円の延滞料金っていくら?延滞料をなくす方法

2009年8月8日土曜日

テレビ通販が好調

テレビ通販が好調なようですね。

不景気で自宅から出ない人が増えたけど、人の物欲が減ったわけではないですからね。

テレビを観ていたり、ネットをしていたら、「欲しくなってきちゃった」というのはよくあることです。

住友商事系のテレビ通販「ショップチャネル」は1週間に約700商品を紹介しています。

この「ショップチャネル」の特徴は生放送というところですね。

テレビを観たお客さんからの注文数が画面に出るので、臨場感が演出できます。

また、利用者が電話で「そのバッグの内側を見たい」と要望すると、その声が電話オペレーターから生放送のスタジオに伝えられて、キャスターがバッグの内側を見せることもあります。

テレビを通してでも、生放送ならではのインタラクティブなやり取りができるんですね。

ショップチャネルは12年連続で売上高を伸ばしています。

購買層の9割は女性。

年齢別では、

50代:27.4%
40代:24.1%
60代:18.4%

だそうです。

比較的、高年齢層に支持されているんですね。というか、若い人はテレビをあまり観ませんからね。

扱っている商品は、この年代層を反映したものになっています。

アクセサリーや衣類、バッグなどのファッション系アイテム。

また、家電製品や日本各地の特選グルメなども。

平均価格は7500円前後で、商品の半数は輸入品ということです。

ショップチャネルは、専属バイヤーが世界各地でトレンドの作を行く商品を買い集めて、ショップチャネルでしか入手できないような品揃えが強みです。


このテレビ通販というスタイルはもともとアメリカ発のものです。

アメリカの24時間テレビ通販番組「QVC」が有名ですね。

「QVC」は日本でも放送されています。

今は手にしなくても、買ってしまう時代なんでしょうね。

DVDやCDのレンタルもツタヤはDMMといったネット宅配レンタルになっていますからね。

2009年8月5日水曜日

日経に東急ストアが楽天のネットスーパー「食卓.jp」に出品することになったニュースが掲載されています。

楽天のネットスーパー「食卓.jp」に東急ストアが出店

東急ストアは自前でネットスーパー事業を立ち上げた場合、年間3億~4億円のコストがかかることから「プラットホームが整い先行事例もある楽天に出店することにした」(木下社長)という。東急田園都市線は主要ターゲットとなる30~40代の女性人口が多いうえ、楽天の会員も多いことから初期会員を確保しやすいとみておいる。他の沿線などへの展開については未定という。


自社でネットスーパーを立ち上げると年間3〜4億円もするんですね。

だったら、すでにたくさんの顧客がいる楽天の「食卓.jp」に出店するという選択は正しいかもしれません。

手数料をとられるとしても、年間3〜4億円もいかないでしょうから。

「食卓.jp」の東急ストアは、午後2時半までに受けた注文は当日中に配送するそうです。ただ、配達地域は横浜近辺だけのようですね。

楽天の三木谷浩史社長はネットスーパー市場について「今後、現在の10倍、20倍、30倍には成長するだろう」と言っています。

確かに、今後はネットスーパーは伸びるでしょうね。

今後、楽天の「食卓.jp」に対抗するようなネットスーパーの出現に期待です。

ネットショッピング環境が整えば整うほど、宅配業者は大忙しですね。

楽天といえば、楽天レンタルという宅配DVDもはじめましたね。