2010年11月26日金曜日

楽天とユニクロが英語を社内公用語に

少し前から楽天は英語を社内公用語にして、会議を英語で進めています。

三木谷社長いわく、

「もう英語は必要条件。読み書きそろばんのそろばんと同じ。その意味で英語がしゃべれない社員は問題外。2年後に英語がしゃべれない執行役はみんなクビです。部長以下の社員についても業務進行上の支障があれ降格せざるをえない」

と言っています。

「就職氷河期再来か?」と言われているこの時期に、英語ができない人にとってはとても耳が痛いニュースでした。

やはり英語力を早急に身につけたいですね。

経済がグローバル化したら、コミュニケーションをとるための言語もグローバル化しなくてはいけないというわけですね。

楽天に続いてユニクロのファーストリテイリング社も2012年までに社内英語公用語化を発表しました。

いろいろ批判も出ているようですが、英語を話せるようになってプラスはあってもマイナスはないです。

ある楽天の社員さんが書いているブログを読むと、三木谷さんにしても柳井さんにしても、英語を特別視せず、もっと普段から使いましょう、ということのようです。

「英語!?」と身構えるのではなく、日本語と同じ言葉としてもっと身近に感じる必要がありそうですね。

そもそも、世界で一番使われているということは、世界で一番簡単ということでもあります。

簡単じゃなきゃ、世界で広まりません。

「英語なんて世界で一番簡単な言葉だ!」くらいの軽い気持ちで望めば、英語の勉強も苦ではなくなるでしょう。

〈具体的・効率的〉英語学習最強プログラム
〈具体的・効率的〉英語学習最強プログラム




海外ドラマで英語学習
海外ドラマで学ぶ英会話

英語教材 スピードラーニング
英語学習教材「スピードラーニング」を1年使った女性の体験談。

スピードラーニング 英語 体験談
スピードラーニング[英語教材]の効果をリアルタイムで告白する体験談ブログ。